新潟脳外科病院看護部

病院サイト

HOME > あいさつ・理念

あいさつ・理念

看護部長あいさつ – 佐々木美奈子

ヘルシーワークプレイスを基盤とした「共に学び共に育つ」職場を目指しています。そのうえで患者さんやご家族の思いを大切にします。

当院は、脳神経外科疾患の早期発見・予防に努め「即日診断」を特徴とし、2019年度よりサイバーナイフ(定位放射線治療いわゆる「ピンポイント照射」)を開始、急性期から慢性期まで一貫した医療を提供しています。そして、脳神経外科医療を担う総ての医療人の育成に力を入れ、地域医療の向上のため他医療機関との連携に務めています。

これらは、一人ひとりの職員が健康で安全に自分らしく働き続けられる職場だからこそ実現するものです。そこで、業務上の安全から職員を守る組織を築くため、実現可能な課題から一歩一歩取り組んでいきます。加えて、看護部門の人材育成は、クリニカルラダーとPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)との組み合わせによって丁寧に行います。

このように脳神経外科疾患の専門病院として、皆さまから選ばれる病院を目指します。

看護部の理念・目標

理 念

患者さんやご家族、そして職員のいのち・くらし・尊厳を守り、温かい看護を提供します

目 標

  1. 一人ひとりの尊厳を守る看護を提供します
  2. 自己研さんに努め「共に学び共に育つ」をモットーにします
  3. 職員のWLB推進し 働き続けられる職場を作ります
  4. チーム医療における看護・介護職の役割を果たします
ページの先頭へ戻る